入社祝い金にまつわる豆知識

入社祝い金が設けられている理由

入社祝い金とは、求人に応募して採用された時にもらえる特別手当のことです。採用企業側が入社祝い金という制度を設ける理由については、なかなか応募がこない、何人もの人を採用したい、急ぎで人材を確保したいなどといった理由が挙げられます。ゆえに、入社祝い金のある企業の求人に応募した場合には、採用される確率が高くなるというわけです。
 入社祝い金の金額は、求人企業ごとに異なりますし、採用になると必ずすぐにもらえるということではありません。例えば、入社後1か月以上勤務した人であるなど、企業ごとに支払い条件が定められています。支払い条件に関しては、たいてい求人票に詳細が書かれていますので求人票で確認するか、あるいは採用担当者に直接確認するようにしましょう、
 

仕事に対するモチベーションアップ

新卒・中途採用にかかわらず、入社祝い金を支給する制度を設けるのには、内定辞退を減少させるための対策という目的もあります。また、採用側にとっては、費用をかけて社員教育をした後に、早期退職されるというリスクを回避するために、「入社後〇ヶ月勤務した後の支給」などという条件が定められています。
 半年以内に退職した場合には、返金しなくてはならないなどの規定がある企業もありますし、中には12分割払いで祝い金を支給などという企業も存在しています。祝い金の支給を希望される方は、事前に支給の条件の詳細について確認するようにしましょう。一定の期間が経過したのちにもらえるにしても、確実に支給されるお金となりますので、仕事に対するモチベーションを維持する効果があります。

© Copyright Monthly News Lesson. All Rights Reserved.